俺は小学校の間から現在までボディーが細いし引け目です

自身は小学校の辺りから現在までボディーが細いし、それが引け目です。今でも思いの外言われて傷つくことは生じる。決してその方陣を皮肉したりする了見は全くないのだが、太っている人に関しては一丸気を使って本人の前文で決して「太ってますね」などと、ましてや初対面なんかでは多分言わないと想う。

しかし、自身のように細い自分はそんなことはない。気にしているのに、言っている顧客は細い自分なら何を言っても無事故。といった節があるようにおもう。例えば、従来自身は大腸炎にかかったことがあり医院へ行ったことが生じる。その時に教官が点滴を打っていくように自身に求めた。そして点滴室で点滴針を打ってもらう際に、自身よりもひと回り以来年上であろうそのママのナースちゃんは自身に向かってこう言った。「いやぁ、私の幼児がそんな細い腕だったらどう決める。」と。特別呼び名がそんなにきついものでもなかったし、そこまで悪意があるように推し量れなかったのでそこで「失礼なんじゃないですか?」などとポピュラーない行為はしていないが、しかしいくら悪気がないとはいえ初対面でそれは失礼だろうと思った。ましてや病人として体の具合が悪いのでその医院へ行っているのだから。もしそこで太っている人が、同じように点滴を打つ為に腕をめくっても決してその人は「うわぁ、太い腕。」とは言わないだろう。

男の人はそんなに初対面でも細いと言ってくることは少ないのだが、女の人は細いことが位置付けなのかは知らないが心配りもなくずけずけとボディーが細いと言ってくる。そういうこともあって、自身は例に抜かりず胃下垂ですが(細い自分はお腹に脂肪がないのでなり易い)、それでも真剣ゲームと言わんばかりにご飯を食べるようにしている。先日禁煙したことも相まって食欲が増えたので、以前ほどガリガリでは消え去りお腹に肉もついてきていらっしゃる。少し勿体無い気もするが、ファッションが入らなくなったりすることが今では戦慄です。カードローン※無利息でお金を借り入れできました。